METAWATER

メッセージ

自治体、地域企業、パートナー企業とともに水・環境インフラを支え続けます。

水・環境インフラを支え循環型社会に寄与します。

メタウォーター株式会社 代表取締役社長 中村 靖

当社グループは、日本で最初の水・環境分野における総合エンジニアリング企業として2008年に発足しました。以来、水資源の循環を創り出す最適解を提供するという企業理念のもと、国内外の水道、下水道、資源環境の各分野で事業を展開しています。

上下水道は人々の生活や産業になくてはならないライフラインですが、高度経済成長期につくられた施設・設備の老朽化が進み、上下水道事業を計画・運営する事業体は人口減少などによる財政難や技術者不足に直面しています。こうした課題に対処するため、官民連携(PPP※1)による事業運営の包括化や広域化が求められており、それにともなって民間企業の役割が拡大しつつあります。

当社グループは、自治体をはじめとする上下水道事業体や、地域企業、パートナー企業とともに、水・環境インフラを将来にわたって支え続け、循環型社会の持続に寄与するトータルソリューションカンパニーを目指し、日々の事業活動やCSR※2活動に取り組んでいます。

機械+電気+維持管理+ICTで課題を解決します。

当社グループは、機械技術と電気技術を併せ持つ、数少ない水・環境インフラ企業です。加えて、豊富な実績を通じて培ってきた維持管理ノウハウや、先進のICT※2技術を持つことが強みです。機械技術と電気技術を融合し、省エネ・創エネ技術を加えることにより、環境配慮型のプラントを設計・建設しています。また、維持管理ノウハウを生かすことにより、設計・建設から維持管理まで全体最適な事業運営を提案しています。

事業運営の包括化、広域化が進むにつれて、地域企業やパートナー企業とリアルタイムで情報を共有化するため、ICTがますます重要になります。当社の「Water Business Cloud(WBC)」は、こうした状況を見据えて2011年に立ち上げたクラウドサービスで、日々の点検業務の効率化を図るだけでなく、蓄積されるデータを分析・活用することで、より効率的で質の高い水・環境インフラの実現に貢献するものです。

これまで以上に、お客様の期待に応え、社会から信頼される企業となるため、あらためて「お客様第一主義」を徹底し、お客様の要望や課題を当社独自の「機械技術+電気技術+維持管理ノウハウ+ICT技術」で解決することに全力を尽くしてまいります。

事業と社会貢献で信頼される企業を目指します。

当社は、2014年に東京証券取引所市場第一部に上場した際、電気・ガス同様のライフラインである水環境インフラを担う企業として、初めて「電気・ガス業」に分類されました。水インフラは、飲み水をつくり、供給して終わるものではありません。使って汚れた水は雨水とともに処理をして自然に還し、循環させる必要があります。当社グループは、それを支える事業活動を通じた社会貢献にとどまらず、企業市民としての社会貢献活動や環境保全活動にも積極的に取り組んでいます。

また、道路、鉄道、港湾といった社会インフラのアセットマネジメントに関する国際規格認証(ISO55001)を水・環境インフラ企業として取得するなど、設計・建設だけでなく運転・維持管理も含めた品質・安全衛生にも最大限配慮しています。加えて、経営体制の効率化と一層の強化を図るため、第44期定時株主総会での決議により、取締役数を10名から9名にし、9名中5名を社外取締役としました。

これにより、信頼性・透明性の高い経営を目指すとともに、コンプライアンスの推進、内部統制機能の強化に努め てまいります。あわせてディスクロージャーポリシーに則り、公正・公平・適時・適切に情報開示を行い、市民・自治体、株主・投資家、取引先、地域企業、パートナー企業をはじめとするステークホルダーの皆様と積極的なコミュニケーションを図ってまいります。

そして、皆様に信頼される企業を目指し、社会に貢献しながら継続的な事業拡大を遂げるため、たゆまぬ挑戦を続けてまいります。

メタウォーター株式会社
代表取締役社長 中村 靖



※1 PPP:Public Private Partnership / 公共サービスの提供に民間が参画する手法。
※2 CSR:Corporate Social Responsibility / 企業の社会的責任のこと。
※3 ICT:Information and Communication Technology / コンピューターやインターネットに関連する情報通信技術のこと。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. メッセージ

このページの先頭へ