2018年4月1日、メタウォーター株式会社は
皆さまのおかげで
設立10周年を迎えることができました。

MESSAGE

当社グループは、日本で最初の水・環境分野における総合エンジニアリング企業として2008年に発足しました。以来、水資源の循環を創り出す最適解を提供するという企業理念のもと、国内外の水道、下水道、資源環境の各分野で事業を展開しています。

上下水道は人々の生活や産業になくてはならないライフラインですが、高度経済成長期につくられた施設・設備の老朽化が進み、上下水道事業を計画・運営する事業体は人口減少などによる財政難や技術者不足に直面しています。こうした課題に対処するため、公民連携(PPP※1)による事業運営の包括化や広域化が求められており、それにともなって民間企業の役割が拡大しつつあります。

当社グループは、自治体をはじめとする上下水道事業体や、地域企業、パートナー企業とともに、水・環境インフラを将来にわたって支え続け、循環型社会の持続に寄与するトータルソリューションカンパニーを目指し、日々の事業活動やCSR活動に取り組んでいます。
※1 PPP:Public Private Partnership / 公共サービスの提供に民間が参画する手法。

メタウォーターホームページはこちら

お知らせ

10年のあゆみ

メタウォーターは、2008年4月1日、日本碍子株式会社と富士電機株式会社の各水環境事業子会社の合併により、水・環境分野における総合エンジニアリング企業として発足しました。

会社沿革   プロジェクト&トピックス
2008
メタウォーター株式会社およびメタウォーターサービス株式会社が発足
メタウォーターグループの行動指針として「変革・挑戦・多様性」を掲げるメタイズム」を制定
ドイツにヨーロッパ駐在員事務所を開設(2014年にオランダに移転)
4月
6月
雨天時高速下水処理システムが「経済産業大臣賞」*を受賞 *(社)日本産業機械工業会主催の第34回優秀環境装置表彰事業 東京都下水道局と共同受賞
2009
4月
日本で初めて浄水場施設全体の更新と運営・管理を一括して行うPFI事業として「川井浄水場再整備事業」に着手
(横浜市川井浄水場)
社員参加型社会貢献活動としてラムサール条約登録地「藤前干潟」(愛知県名古屋市)の清掃活動に初参加
5月  
株式会社クリモトテクノスの環境事業を譲り受け
森林保全ボランティア活動として「高尾の森づくりの会」
(東京都八王子市)に初参加
7月  
「メタウォーター打ち水大作戦」を初開催
8月  
  9月
日本水環境学会にて「年間優秀論文賞(メタウォーター賞)」を創設
2010
  3月
廃棄プラスチック破袋選別装置「トリニテックソーター」稼働(宇都宮市エコプラセンター下荒針)
下水汚泥りん回収システム稼働(岐阜市北部プラント)
東京都奥多摩町で森林保全活動を開始
メタウォーター労働組合が発足
4月
セラミック膜にオゾン処理と凝集を組合せた下水再生水システム稼働(東京都芝浦水再生センター)
温室効果ガスを大幅削減に寄与する多層燃焼流動炉が稼働(東京都南部スラッジプラント)
  6月
複翼式縦軸攪拌機が「経済産業大臣賞」*を受賞 *(社)日本産業機械工業会主催の第36回優秀環境装置表彰事業
7月
世界初の下水汚泥ガス化発電施設稼働 (東京都清瀬水再生センター)
メタウォーターサービス株式会社が中外炉工業株式会社
グループの下水道事業を譲り受け
9月  
ハノイ駐在員事務所開設
10月  
2011
東日本大震災 災害支援センターを開設
3月  
人材開発として社内教育体系を再構築
4月
日本最大級のリサイクル施設稼働
(周南市リサイクルプラザ「ペガサス」)
「ウォータービジネスクラウド(WBC)」を立ち上げ上下水道事業の「持続性」を支援
  5月
「超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステム」が下水道革新的技術実証事業(平成23年度B-DASH)に採択
緊急造水支援として、小型セラミック膜浄水設備を宮城県石巻市に設置
  8月
「震災復興支援活動の一環として、MBR※設備を岩手県大船渡市に導入 ※ MBR…膜分離活性汚泥法
2012
  4月
中部地方初の下水汚泥燃料化施設稼働
(愛知県衣浦東部浄化センター)
県境をまたぐ共同浄水場稼働
(福岡県大牟田・熊本県荒尾市「ありあけ浄水場」)
山梨県笛吹市水道SaaS型統合監視システムが稼働
  6月
「下水再生水システム」が日本産業機械工業会会長賞を受賞(東京都下水道局との共同受賞)
  12月
アフリカの災害対策用として車載式浄水装置を初納入
(マラウイ共和国、ケニア共和国、トーゴ共和国)
2013
初の海外現地法人 METAWATER USA, Inc. 設立
1月  
日本原料株式会社と協業開始
2月  
水道機工株式会社と国内上下水道・環境分野で業務提携
3月  
本社を東京都千代田区神田須田町に移転
プノンペン駐在員事務所開設
4月  
  5月
「脱水・燃焼・発電を全体最適化した革新的下水汚泥エネルギー転換システム」下水道革新的技術実証事業(平成25年度B-DASH)に採択
株式会社日水コンの子会社である株式会社イオの増資を引き受け
国際航業株式会社と国内・海外上下水道分野で業務提携
6月  
オランダのPWNT B.V.と戦略的提携
7月  
オランダのRood Wit Blauw Holding B.V.と資本業務提携
8月
新水環境監視制御システムSOARERAを発売
富士通株式会社と連携し、上下水道インフラ管理 サービス「Smart Field Service」の提供を開始
10月  
  11月
セラミック膜ろ過システムがフロスト&サリバンより "2013 Frost & Sullivan Global Product Differentiation Excellence Award"を受賞
  12月
アンコールワット国際ハーフマラソンの協賛を開始
2014
株式会社堀場製作所と保守点検クラウドサービスで協業を開始
2月  
  3月
先進的省エネ型下水処理システムが日本下水道事業団より海外向け第一号の技術確認証を授与される。また、平成26年度(第7回)国土交通省大臣賞<循環のみち下水道>」を受賞(9月)
「無曝気循環式水処理技術実証研究」下水道革新的技術実証事業(平成26年度B-DASH)に採択
株式会社ナガオカと協業を開始
月島テクノメンテサービス株式会社とメタウォーターサービス株式会社の共同出資によりハイブリッドケミカル株式会社を設立
4月
国内最大規模のセラミック膜ろ過施設
横浜市水道局「川井浄水場セラロッカ」稼働
プラント運営における国内初の独立採算型PFI事業として「女川町水産加工団地排水処理施設整備等事業」を開始(宮城県女川町)
「取水から蛇口まで」一貫した水道施設整備等事業に着手(福島県会津若松市)
メタウォーター株式会社・水道機工株式会社・国際航業株式会社が三社連携による戦略パートナーシップ発表
5月
セラミック膜を供給したオランダのAndijkⅢ浄水場稼働
上下水道施設の維持管理等を行う子会社メタウォーターテック株式会社を設立
9月
「先進的省エネ型下水処理システム」が国土交通大臣賞『循環のみち下水道賞』を受賞
  11月
「新たな高度処理技術」が「2014年日経地球環境技術賞」 優秀賞を受賞
東京都下水道局、東京都下水道サービス株式会社と共同 同時硝化脱窒処理システム
東京証券取引所市場第一部上場
12月
下水道事業として国内初のRO方式、豊川浄化センター汚泥処理施設等整備・運営事業の契約を締結
2015
  1月
世界最大級の浄水場オゾンシステム稼働 (アメリカ Wylie Water Treatment Plant)
  2月
横浜市水道局と「水源エコプロジェクト 【W-eco・p(ウィコップ)】」協定を締結
  3月
6年間の運転管理・修繕長期包括業務を開始(守山市環境センター)
「都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術実証研究」が下水道革新的技術実証事業(平成27年度B-DASH)に採択
Global Water Award 2015で金賞受賞(Water Technology Company of the Year部門)
株式会社NTTデータと上下水道事業向け IoTサービスで協業を開始
4月
九州最大規模のセラミック膜ろ過施設稼働
(佐世保市「山の田浄水場」)
プラント運営での国内初の独立採算型PFI事業
「女川町水産加工団地排水処理施設整備等事業」排水処理施設稼働
  6月
セラミック膜を利用した砂ろ過逆洗排水処理設備稼働
(オランダ ヴィアデン浄水場)
国内最高濃度の空気原料オゾン発生装置稼働
(沖縄県石川浄水場)
子育てサポート企業として「くるみんマーク」を取得
7月  
  9月
TBSラジオ『メタウォーター presents 水音(みずおと)スケッチ』の放送開始
  10月
PFI方式によるリサイクル施設の整備運営事業を初受注(御殿場市・小山町広域行政組合ごみ再資源化施設)
  11月
「後注入2液型ベルトプレス脱水機」が日本下水道事業団の新技術に登録
2016
米国水処理エンジニアリング会社 Aqua-Aerobic Systems, Inc.を完全子会社化
1月
後注入2液型ベルトプレス脱水機がJS新技術に登録される
北九州ウォーターサービスが業務開始
あらおウォーターサービスが業務開始
4月  
Aqua-Aerobic Systems, Inc.へ北米事業を移管 (オゾン発生装置 セラミック膜)
5月
「フロック監視システム」の発売を開始
  9月
夏季連携講座『下水道マニア』が平成28年度国土交通大臣賞 「循環のみち下水道賞」を受賞
ISO55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得
12月
カンボジアの浄水場における省エネルギー化が「2国間クレジット制度(JCM※)資金支援事業のうち設備補助事業」に採択
※新興国への温室効果ガス削減技術、製品、システム、サービス、インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価するとともに、日本の削減目標の達成に活用するもの
2017
  2月
世界初、 処理水量2,000㎥/日の浄水場向け紫外線処理装置の開発を完了
  3月
愛知県下水道科学館のネーミングライツパートナーとなる
  4月
北米のセラミック膜ろ過浄水場稼働(Basin Creek浄水場)
「最終沈殿池の処理能力向上技術実証研究」が下水道革新的技術実証事業(平成29年度B-DASH)に採択
  7月
下水道管路の点検・維持管理業務支援クラウドサービスの提供を開始
「設備運転員訓練センター」を設置
 
社員向けサテライトスペース「アイランド」を設置
11月  
2018
株式会社スカイシーカーの第三者割当増資を引き受け、資本業務提携
3月
設立10周年
4月  

メタウォーターはこれからも
皆様に信頼される企業を目指し、
社会とともに
持続的な発展を遂げられるよう、
たゆまぬ挑戦を続けてまいります。